セラピスト紹介

こんにちは。

骨の美容家・黒木美紀です。


私は、愛知県豊田市にて、

「コルギ」を取り入れたエステサロン

「ベルアージュ」を開業しています。



コルギとは、

骨を刺激することで血液の流れを良くし、

体の不調改善からリラックス効果までも期待できる

伝統療法。



皮膚や筋肉のもっと奥、

体の芯である「骨」にアプローチするので、


お客様の不調を根本から解決し、

良い状態を長く継続させることができます。



心身ともにお客様を

生まれ変わらせるコルギは、

ようやく巡り合えた理想の療法。



そんなコルギと私が出会うまでのお話を、

ご紹介させて頂きます。




小さい頃の夢

私は昔から

「手に職をつけて長く働きたい」

という思いをずっともっていました。

 

それは、専業主婦だった母を見て育ったから。

 

口には出さないけれど、

自分のためにお金を使うことを我慢しているように見えたんです。

 

子供ながらに、

「もっと自分のために、遠慮なくお金を使えばいいのに」と

少し申し訳なく思っていました。

 

 

そんな私の中学生のときの夢は、

 

美容師か看護師でした。

 

 

当時、女性の仕事といえば「お茶くみ」の時代でしたが、

私は「手に職」を付けて自分で稼いでいたかったんです。

 

 

それに、美容師と看護師は

私がずっと好きだった2つのことを兼ね備えた仕事でした。

 

 

1つは、「人を喜ばせること」

 

私は昔から、人が喜んでくれることが何より好きでした。

 

友達といるときは、自分が話すのではなく人の話を聞くタイプ。

 

「こんなことがあった!」と楽しそうに話す友達を見ることが

私は嬉しかったし、

 

相談をされると、自分のこと以上に

「何とかして解決してあげたい!」と思ってしまう性格でした。

 

 

 

もう1つは、「何かが生まれ変わること」。

 

子供の頃から、「ものが変化する」ということに無性にワクワクしていました。

 

布が服に変わるとか、

粉とバターと卵を混ぜるとクッキーができるとか、

折り紙が鶴になるとか。

 

そのままでは何の変哲もない「モノ」が、

素敵な、価値あるものに変わる。

 

その魔法のような瞬間に、

子供ながら感動していました。

 

 

 

美容師は、

お客様を綺麗にして喜んでもらう仕事。

 

看護師は、

病気の人を元気にして喜んでもらう仕事。

 

 

どちらも私には魅力的でした。

 

 

でも、もともと

キレイな絵や花など華やかなものも好きだった私は、

最終的に美容師を目指しはじめたのでした。

 高校生になった私は、

卒業後、美容師になることを夢見ていました。



でも、やはり時代は、

女性=お茶くみの時代。



親に美容師になることを反対され、

結局、トヨタ自動車の事務として働き始めました。



事務の仕事は、

来る日も来る日もルーティーンワーク。


お客様が喜ぶ顔も、

ワクワクするような変化も、

どちらも感じられない。


ずっと「これはやりたいことじゃない」という

モヤモヤした気持ちを抱えていました。



そんな中、

就職してから3年後に結婚。

寿退社することになりました。


さらに、そのあとすぐに妊娠が発覚。


やっぱり「美容師になりたい」という夢が捨てきれなかった私は、

出産して子供が2歳半になるまで待ち、

ようやく念願の美容学校に通い始めたんです。




美容師時代

長年の夢が叶い、美容師になった私。

 

 

想像どおり、お客様がキレイに変わる瞬間に立ち会えることは、

本当に嬉しいことでした。

 

でも、

次第に物足りなさを感じるようになったんです。

 

 

確かに美容師は、

髪を切ることでお客様を変化させてあげられる。

 

ただし、「髪を切ること」、

お客様を部分的に変えることしかできない。

 

 

もっと、お客様を根本から

良くしてあげることができるはず。

 

そう思っていました。

 

 

 

また、ちょうどそのとき、

仕事のせいで家族との時間がとれないことにも

悩んでいました。

 

 

息子が野球をはじめたのですが、

土日の息子の練習についてあげられないことが

もどかしかったんです。

 

 

 

本当に、これでいいんだろうか。

 

 

悩んだ末、

あんなに「なりたい!」と願ったはずの

美容師を退職しました。

 

 

さらにその後、

不妊治療を経て二人目の子供を授かったのですが、

流産してしまうことに。

 

 

そして、精神的なストレスが重なったせいで、

ニキビが大量にでき

体重も突然10キロ増加してしまったんです。

 

 

 

 

とても辛い時期でしたが、

実はこれが自分でサロンをオープンさせるきっかけになりました。

 

 

自分の体の異変に直面したことで、

自分の肌・体・心理に興味を持った私。

 

独学で勉強し、治す方法を模索しました。

 

 

そのとき、学んだ経験と知識を活かせば、

 

「お客様を根本からキレイに生まれ変わらせて、喜んでもらいたい」という

思いを実現できる!と思ったんです。

 

 

そこで、自分でサロンをオープンすることに決めました。

 

 

もともと、美容師を始めた頃からぼんやりと

「自分でお店をもちたい」とは思っていました。

 

自分でお店をもてば、

お客様を喜ばせるために自由に行動できるし、

 

家族との時間もとれるようになる、と考えていたんです。

 

 

サロンのメニューは、

髪のカットやパーマではなくエステ関係に。

 

 

美容師時代、

「髪以外でもお客様をキレイにしたい」と

フェイシャルの施術などを学んでいたのですが、

 

そちらの方がやっぱり

「やりたいこと」に当てはまっている手応えがありました。

 

お客様に直接触って、

「ここが疲れているってことは、この人はこんな生活習慣なのかな?」と

読み取ることができる。

 

そんな距離の近さが、私の望むお客様との関わり方と一緒だったんです。


 

 

 

もっとお客さまに喜んでいただきたい

オープン当初のメニューは、

ゲルマニウム、まつ毛パーマ、フェイシャル。

 

 

美容師よりもっと深く

お客様の体に関われることにやりがいを感じつつ、

 

常に「お客様がどうしたら喜んでくれるか?」を考えていました。

 

 

美容院に勤めていた時は、

お店の制約で自分が思うような接客ができないこともありました。

 

自分のお店では思う存分、お客様を喜ばせたい。

 

 

そんな考えから、

「この方がお客様のためになるかも?」と思えば、

すぐにそれを取り入れました。

 

 

特に、美容は「流行り廃り」が激しい業界。

 

「流行りの美容法をメニューに取り入れたら、お客様はきっと喜んでくれる!」と

必死で流行を追いました。

 

 

新しい美容法が流行ったら、

それをメニュー化し、そのための機材を買い、

流行りが終われば新しいメニューに変える・・・。

 

 

そんなことを繰り返していたんです。

 

 

次から次へと新しい技術を身に付けては捨て、のエンドレス。

 

お客様のため、と思ってやっていたはずが、

「以前のあのメニューはもうないの?」「なんで変わっちゃったの?」

なんて言われることもあり、

 

だんだんと流行を追うことに

虚しさを感じるように・・・。

 

 

そしてちょうどその頃、

ボディの施術中心のメニューを展開しており、

体力的にも限界を感じていました。

 

 

このままでは、

精神的にも体力的にもいつまで続けられるかわからない。

 

 

流行の美容法ではなく、

本当にお客様のためになって

自分が長く続けられるメニューをつくりたい。

 

 

コルギと出会ったのは、そんなときのことでした。

 

 

 

 

 

コルギとの出会い

コルギとの出会いは、

目のリフレクソロジーのメニューを出していたときのこと。

 

 

「もっとお客様の目の疲れを癒す方法はないかな?」と探していたら、

「眼球テラピー」という療法に出会ったんです。

 

 

眼球テラピーは、

目の周りなどの「骨」をマッサージし、

血液の巡りを良くすることでコリやむくみをとる療法。

 

 

その療法こそが、「コルギ」だったんです。

 

 

この「眼球テラピー」を取り入れてみたところ、

 

目の疲れがとれるだけではなく

顔全体のむくみがとれて小顔効果まであり、

お客様にとても喜んで頂いたんです。

 

 

コルギって、なんだかすごいかもしれない。

 

 

そこから、さらにコルギを勉強し、

その素晴らしさを実感しました。

 

 

お顔のコルギをすると

脳にはたらきかけることができるので、

同時に自律神経・内臓・リンパなど体の全てが整うこと。

 

 

女性がストレスを感じやすい

脳をリラックスさせることができるので、

感情・精神面の安定に効果があること。

 

 

普通のマッサージは皮膚や筋肉にアプローチするところを、

コルギはその奥の「骨」へ施術するので

もとに戻りにくいこと。

 

 

お顔は、女性のお悩みやコンプレックス

一番出やすいところではありますが、

実は心や体調などの変化がとても出やすい部分。

 

コルギなら、

女性のお悩みを一気に解決することができる、と思いました。

 

 

さらに、施術者側もあまり体力を使わなくて良いのも

コルギの特徴。

 

いつでも万全な態勢で、

お客様に向き合うことができるんです。

 

 

さっそく、お顔と体のコルギを

メニューに取り入れてみました。

 

 

そしたら、

「サロンに行った後もずっと良い状態が続く」

「施術中に気持ちよくなって寝てしまうほど、リラックスできる」と

ご好評を頂くことができました。

 

 

 

女性・主婦の方は、

なかなか自分のために時間を使ったり、

自分に気を配ったりすることが少ないと思います。

 

さらに、年を重ねるごとに、

お肌やお顔体の不調やお悩みはどんどん増える一方。

 

 

でも、私のサロンでコルギを受けることによって、

心の余裕を取り戻す時間を作ってあげたいと思うんです。

 

 

それは、幼い頃に

母が「自分より家族のため」と考えていた姿を

見ていたからかもしれません。

 

 

 

ずっと、お客様とふれあい続けたい

私は昔から、

「人を笑顔にしたい」と強く思ってきました。

 

 

今でも、お客様が何気におっしゃったことでも

「なんとか解決できないか」と

必死で考えたり、調べたりしてしまいます。

 

 

お客様ご自身が、

「そんなこと言ったっけ?」となってしまうことも多いのですが、

これは一生やめられないんだと思います。

 

 

でも、そうやって試行錯誤して

様々なものを取り入れてきたおかげで、

コルギにたどりつくことができました。

 

 

 

これからも、

女性を元気に、そして笑顔にするため、

 

お客様との触れ合い続けたいと思います。

 

取得ライセンス



 

◆美容師免許

◆ICTインターナショナル愛知・豊田教室 講師

  MBC国際Aランク取得認定療法士

  ATB古代民間療法国際認定ゴールドライセンス

◆サードメディスンチェック アドバイザー

◆経絡・造形スリムセラピー全身コース取得

◆整顔セラピー 取得

◆瞳のエステ コスモアイセラピスト

◆頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラル)ベーシック修了