顔が大きく見える原因

女性の97%が憧れるという小顔。

もっと小顔になりたい・・・と思う方も多いはず

理想の小顔の方程式は身長÷7.3。


顔の大きさは

「骨格、脂肪、筋肉、むくみ」など、

それぞれの要素の組み合わせで決まります。


顔が大きく見える原因 「骨」

たとえば、「骨」


頭の骨は1つでできているのではなく、

複数の骨が組み合わさってできています。

そのひとつひとつが

うまく組み合わさっていないと、

ゆがみがでたりします。


また骨のつなぎ目の隙間に老廃物が溜まると、

頭や顔の骨も広がって大きくなります。


これが顔が大きく見える原因の一つ。


そして骨の歪みの原因は


・食べるときに片側の奥歯だけで噛んでいる

・歯ぎしりをする 奥歯を噛みしめるクセがある

・よく脚を組んで座る

・よく頬杖をつくクセがある

・カバンをいつも同じ肩にかける

・仰向けでなく、右左どちらかを向いて寝ている


何か1つでも当てはまるようなら、要注意!

お顔の歪み左右差かある場合には、体の歪みも考えられます。

こんな方にこそ、コルギをおススメしたいです。


顔が大きく見える原因 「脂肪」

たとえば、「脂肪」



筋肉の上に脂肪があります。

この脂肪が顔を大きく見せてしまう原因。


顔が丸く見える原因でもあります。

年齢ととも脂肪がつきやすくなり、

更にたるむことで大きく見えてしまいます。


・最近顔が太ったように見える

・ほうれい線が気になる

・丸顔になった気がする


こんな方にも、コルギをおススメしたいです。


顔が大きく見える原因 「筋肉」

たとえば、「筋肉」


骨の上に筋肉があります。

顔も体と同じように筋肉の使い方でも、見た目が変わります。


例えば表情豊かな人なら顔の筋肉も発達して、立体感が出てきます

噛みグセなど片寄った筋肉の使い方によって、左右の顔の形に差が出てしまいます。



特に顔が大きいと感じさせる「エラ張り」は


寝ている時や、集中している時の

歯ぎしりや、噛みグセで

エラ周りの筋肉が硬くなることが原因。



・エラ周りの筋肉が硬い

・お顔がホームベース型になっててきた


こんな方にこそ、コルギををおススメします。




お顔が大きく見える原因「ムクミ」

たとえば、「ムクミ」


顔がムクんでしまうことで、顔が大きく見えてしまうことがあります。
筋肉や細胞にたまった老廃物が流れづらくなり、
顔が膨張して見えてしまいます。


特に朝起きた時に、顔がムクむ方も多いですね。

・朝起きたら、顔がはれぼったい
・顔にシーツの後が付いて消えない

・プヨプヨしている

・目が腫れぼったい


こんな方にこそ、コルギをおススメします。